診療科目

Medical

小児歯科


子どもの将来のために

「子どもの歯(乳歯)は抜けて生え変わるから、
放置しても大丈夫」

そんなふうに思っていませんか?
実は、幼少期のお子さんのお口の状態が大人になった時に大きく影響します。むし歯はむし歯菌による感染症です。このむし歯菌が幼少期に定着すると大人になってもむし歯になりやすい状態になってしまいます。さらに、乳歯がむし歯になった状態をそのまま放置すると、永久歯もむし歯になりやすくなるだけでなく、歯並びまで悪くなります。そうなると、子どもの将来に悪影響を及ぼしてしまいます。

私達は大切なお子さんの将来のためにお口の健康からサポートとしたいと考えております。私達の小児歯科の取り組みについて下記に記載します。


歯医者に慣れない子はトレーニングからスタート

歯が生え始めたくらいのお子さんだと歯医者をたいてい怖がります。 そんなお子さんをいきなり押さえつけて治療をしてしまうと「歯医者」=「怖い場所」という印象が強くなってしまいます。そうなると、歯が痛くなっても言わなかったり、大人になっても歯医者を嫌がって行こうとしなかったりします。当院ではしっかり段階を踏んでトレーニングを行います。


トレーニングステップ

STEP 1一人で座れることにチャレンジ

一人で難しければ、お母さんやお父さんに抱きかかえてもらって治療


STEP 2治療器具を見て、触ってもらう


STEP 3治療を想定した流れでお口を3秒以上開けることが出来るか確認
治療の音が苦手?振動が苦手?できること・できないことを確認


STEP 4その状況を踏まえて、治療に使用する器具や手順を決めます(治療計画の立案)

※ もし、3回チャレンジしても難しい場合は、「抑えて治療する」または、「専門の医療機関にご紹介」の選択肢を用意しております。


むし歯から守るシーラント

シーラントとは、奥歯のむし歯予防のひとつです。子どもの歯は溝が深く複雑です。その溝の磨き残しがむし歯の原因になることが多いです。そこで、奥歯の溝をレジンという歯科用プラスチックで塞ぐことでむし歯菌の侵入を防ぎ、むし歯から歯を守ります。メリット・デメリットがあるので、当院ではむし歯リスクの高いお子さんに対して行っています。

市販の9倍のフッ素で強い歯へ

フッ素は再石灰化を促進し、歯の修復を促す成分です。歯は常に溶けて、新しく作られてということを繰り返していますので、強い歯を維持し、むし歯に強い歯を維持し続けるには、定期的なフッ素塗布が効果的※1です。当院では、3ヶ月に1回の定期検診を推奨していますが、その度に高濃度のフッ素(市販歯磨剤の約9倍:9000ppm)を塗布しています。

フッ化物歯面塗布の有効性について(厚生労働省 監修サイト)


歯の生え方チェック

子どもは成長するにつれ、歯や顎などのお口周りも日々変化しています。当院ではその変化をしっかりと把握し、不正咬合の予兆がある場合にはそのリスクをご両親にお伝えします。必要に応じて、信頼のおける矯正歯科認定医をご紹介しますので、ご安心ください。

幼少期のお口の環境が大切なお子さんの将来に大きく影響します。小さい頃から定期的に歯医者へ通い、一生涯ものの元気で強い歯を作っていきましょう!